So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイヤレスキーボードと xbmc の組み合わせで快適インターネット! [XBMC]

今までリモコンだけで使っていたリビング用の PC に lenovo ワイヤレスキーボードを繋げた事で、firefox も普通の PC のように操作できるようになったので、次は xbmc とうまく連携させる方法を考えてみました。

ちなみに我が家の利用スタイルは、普段は xbmc を常時起動してメディアセンターとして使い、必要な時だけブラウザを起動して epgrec 等を利用する、という感じなので、今回は
  1. xbmc からブラウザを起動
  2. 使い終わったら自分でブラウザを閉じる

と言うシンプルな使い方を実現します。

まず xbmc を起動している状態からどうやってブラウザを起動するのかを調べたところ、Launcher という定番のアドオンを利用するのが良さそうなことが分かったので、最初はこれをインストールします。

[手順]
下準備として /usr/bin/firefox のリンクをホームディレクトリより下に作ります。(こうしないと Launcherから認識できないらしいので)
$ ln -s /usr/bin/firefox ~/bin/  (←今回は ~/bin ディレクトリを指定)

次に xbmc のホームメニューから、プログラム→もっと探す→Launcher と辿って、Launcher をインストールします。
screenshot_125.png

インストールできたら、今度はホームメニューから Launcher を起動して、実際に Laucher 用の launcher (←ややこしい) を登録していきます。

Launcher Type は Standalone (normal PC executable) を選択、
screenshot_126.png

Select the launcher application では先に追加した firefox のリンクを指定、
screenshot_127.png

Application arguments では実行時の引数を指定(無いなら空のままで OK)、
screenshot_128.png

Title は分かりやすい名前を入力、
screenshot_129.png

で、完了ボタンをクリックで launcher の登録が完了します。

後は、実際にホーム画面から、プログラム→ Launcher → Firefox と辿って実行することで、firefox が起動できることを確認すれば OK です。
screenshot_130.png

ちなみに Launcher は賢くて、ちゃんと外部プログラムを呼ぶ前に xbmc のフルスクリーンモードを解除してくれるし、外部プログラムが終了したら自動でフルスクリーンに戻してくれます。素晴らしい。

さて、これはこのままでも良いんだけど、毎回ホーム画面からメニューを辿らないと firefox が起動できないのは面倒なので、今度は xbmc のホーム画面から firefox を直接起動できるように、ホーム画面の設定ファイルを変更してみようと思います。

が、ちょっと長いので次回に続く……。


タグ:Vine xbmc launcher
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。