So-net無料ブログ作成

gambas3 のパッケージ出来た! [Gambas]

一通りの見直しが終わって、ようやく VineSeed にインストール可能な gambas3 のパッケージが出来た。

component が増えたので、サブパッケージを含めてバイナリで56ファイル、spec の行数で1500行弱(古い changelog 300行を消した上で)というデカさになった。

ちょっと動かしてみて気づいた点を書いておくと、
  • gb-dbus や gb-cairo といった新しい component がなかなか面白そう
    (サンブルの DbusExplore とか)
  • キーボードショートカットがカスタマイズ出来るようになってる
  • 公式アイコンがキャラっぽくなった;
  • 一部未訳や誤訳がある(<更新して upstream に反映する予定)
  • 古いバージョンで作成した Project が開けない(手動で class ファイルを編集すればOKそう)

といった感じ。

とりあえず日本語訳が更新できたら incoming に put しようかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

gambas3 のパッケージングに着手 [Gambas]

デバッグに飽きた時の気分転換に、gambas3 の rpm パッケージを作り始めた。

gambas2 からの変更点が結構多く、廃止された component や新たに追加された component が沢山あって、調査や調整になかなか手が掛かりそう。

ちなみにコンパイル自体はエラー無しで終わる事は確認済み。

今時点の TODO は、
・パッケージ構成の変更(公式 Wiki 参照)
・component 間の依存の見直し(公式 Wiki 参照)
・BuildRequires の再調査
といった感じかなと。



いよいよ 3 が年内に来るらしい [Gambas]

ここのところ家族の看病(←単なる風邪だけど)で忙しくて、なかなか自由な時間が確保できないので、久しぶりに携帯メールで投稿してみる。

溜まったメールを処理しながら gambas のメーリングリストを読んでいたら、メインの開発者が「年内には gambas3 をリリースしようと考えてる」みたいな発言をしてて、ちょっと驚いた。

確かに開発用のブランチはかなり前から頻繁に更新されてたし、メーリングリストにも結構バグ報告が上がってたから、いつ来てもおかしくなかったけど、公式にそういった発言があると「いよいよか~」的な感がある。

という事で、時期をみて VineSeed 向けパッケージの更新を検討しないとな、と思い始めた所。

# 自分で作ったツール類の移行が心配……



v-a-i-d のサイズを20分の1に縮小 [Gambas]

vine-app-install-data のファイルサイズが大きくて、CD 版の容量を圧迫してるとの話を ML で知らされた。

正直パッケージを作り始めた時から、いずれ問題になるかなと(ちと)思ってたけど、やっぱり大きなスクリーンショットを詰め込みすぎたのが良くなかったらしい;(<反省)

と言うことで対応を取ることにしたんだけど、初めは加藤さん提案の jpg 変換方式に心が傾いたものの、
  • 個人的には画質を落としてリサイズした、ボケた感じのスクリーンショットを見せるのに少し抵抗がある
  • この先さらにアプリケーションの数が増えると、いずれまた容量が問題になる
  • どうせなら可能な限り小さくして、空いた分だけ少しでも役に立つパッケージを CD に詰め込みたい

何てことを考えた結果、スクリーンショットだけをサブパッケージとして切り出す方式に決めた。

今回実際に加えた変更点は大体こんな感じ。
  1. spec 内 の %install で、convert コマンドを使ってサムネイル用の画像 "*_small.jpg" を生成する(ML で加藤さんと鈴木さんが教えてくれたスクリプトほぼそのまま)
  2. screenshots サブパッケージを追加し、オリジナルのスクリーンショット(大)だけをこっちに含める
  3. v-a-i 側は自前でサムネイル生成するのを止めて、インストール済みの縮小画像を表示する
  4. サムネイルがクリックされた原寸のスクリーンショットを表示しようとする
  5. もし原寸画像がみつからない時はメッセージを表示して、screenshotsサブパッケージをインストールか確認する。
  6. OK ならその場でパッケージをインストールする。


こうする事で vine-app-install-data 自体のサイズを11MBから500KB以下までに小さくできた。

ちなみ修正作業にはテストも込みで2時間くらい。
ただし途中で別のバグが見つかってしまい、これの対応で+1時間かかった。

# 後は CD/DVD 別のインストールパッケージの調整を
# よろしくお願いします>鈴木さん

GnomeFiles [Gambas]

Gnome 向けのアプリケーションを探す定番サイト
の、GnomeFiles の評価ランキングで、gambas が
一位になっているのに最近気づいた。

いよいよ本格的に普及する時期が来たのかな??

# その割りに gambas で作ったアプリをあまり
# 目にしないな気もする…。

gambas2 の ide から svn commit [Gambas]

v-a-i を svn 管理に切り替えてから初めての変更
を commit しようとして、gambas2 の ide から
直に svn commit できる事に初めて気づいた。

プロジェクトのプロパティに subversion 用の
タブが現れていて、最新ボタンを押すと svn update
されたり、変更の反映ボタンを押すと svn add &
commit とかができたりした。

なかなか便利かも。

# 翻訳しといて知らないなはなんでだ!という
# ツッコミは無しでお願いします;

gambas2 の gb.gtk の GridView が直ったらしい [Gambas]

先月のこのエントリで書いた gb.gtk の GridView のバグ
だけど、ML で返信が来て svn trunk で修正が終わった
とのこと。

ちなみに gtk だけの不具合かと思ったら、qt でも時々
クラッシュしてたらしく、そっちも一緒に直したよーと
書いてあった。

# 報告した甲斐があるなぁと。

やっと作り直せた; [Gambas]

GridView → ListContainer への書き換えに苦労
したけど、やっと最低限動くようになったので、
昨日からrpm の spec を書き始めた。

一応本体(vine-app-install)と対象アプリケーション
のデータ(-data)を分けてパッケージするつもりな
んだけど、データの方は一人でアプリを選ぶのは
無理なので、まずはサンプル的にいくつか入れて
おいて、後は ML で募集をかけて Trac にまとめ
る感じでいこうかなと。
# 興味のある方はヘルプお願いします。

ListCotainer で作り直し中 [Gambas]

GridView の不具合らしきものを英語で ML に報告して
みたものの、書き方が悪かったのかスルーされているっ
ぽいので、時間も惜しいし GridView を止めて、ListContainer
(+Hbox+PictureBox+TextLabel)を使って作り直しを始めた。

ついでに、起動直後のパッケージ情報の取得に時間が
掛かる(20秒以上)のも気に入らなかったので、かなり
最初の部分に戻って修正をかけることになった。

やればやる程知識は増えていくんだけど、時間が…。

# GW にちょっとだけ自由時間があるので、そこで追い込
# みかけようかと。

gb.gtk の GridView にバグが…。 [Gambas]

vine-app-install(仮)のテストを続けるなかで、テスト用の
アプリケーションのデータを増やして色々いじっていたら、
どうにもおかしな挙動をすることに気づいた。

Category や状態(インストール未/済)が指定されたら、
GridView のデータを更新する際に条件に一致しない
データに対しては、
GridView.Columns[RonNum].Height = 0

として見た目上の高さを0にして隠そうとしていたものの、
この状態だと Gridview 上でマウスホイールを回しても
スクロールしないことに気づいた。

スクロールバー自体をクリック/ドラッグすればちゃんと動くし、
gb.qt に変えたらちゃんとスクロールしたので、まあ gb.gtk
のバグ臭いのはほぼ確定。

ということで、検証用に簡単な Project を作って ML に
つたない英語で投げてみた。

# svn ですぐに直してもらえたら、patch 作って当ててみるかも。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。