So-net無料ブログ作成

XGL と Compiz 導入のメモ [Vine Linux]

とりあえず XGL と Compiz は上手く動くようになったんだけれども、
忘れないように一応やったことをメモしてみた。

まずインストール。

# apt-get update ; apt-get upgrade
   (これで XOrg を更新)
# apt-get install libdrm glitz Xgl compiz

次に起動前の準備として、xorg.conf を編集して色深度を 24bit に変更し、
Gentoo の wiki にある以下の起動用のスクリプトを適当な場所に
startxgl.sh とかして作って(chmod +x もして)おく。

#!/bin/bash
echo ">Starting XGL at Display: $1"
echo "========= XGL ============"
Xgl :$1 -ac -accel xv -accel glx:pbuffer &
sleep 3
echo "======= COMPIZ ==========="
DISPLAY=:$1 compiz --replace decoration wobbly fade switcher minimize cube rotate zoom scale move resize place &
sleep 3
echo "====== DECORATIONS ======="
DISPLAY=:$1 gnome-window-decorator &
sleep 3
echo "======= GNOME ============"
DISPLAY=:$1 gnome-session

そしたら一旦 X を終了しコンソールから

$ /path/to/startxgl.sh 1


として起動すれば Gnome がちゃんと表示される(はず)。

ちなみに DISPLAY 番号に 0(ゼロ)を指定すると上手く動作しない
という既知の問題があるらしい。

# 早く XOrg の radeon ドライバがアップデートして欲しい…。
# そしたら常用して色々試すのに。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。