So-net無料ブログ作成

VirtualBox を 1.5.2 にアップデート [Vine Linux]

Vine 4.1 環境を作るのに Virtual Box を使っているが、
1.5.2 が出ても 1.4.0 のままだったので、今日何気に
アップデートしてみた。

今回も FC7 用のバイナリを DL してインストールした
んだけど、最初は上手く動いていたのにホスト PC を
再起動したところ、

The VirtualBox kernel driver is not accessible to the current user. Make sure that the user has write permissions for /dev/vboxdrv by adding them to the vboxusers groups. You will need to logout for the change to take effect..

VBox status code: -1909 (VERR_VM_DRIVER_NOT_ACCESSIBLE).


と言われてしまった。

で見てみると

# ls -l /dev/vboxdrv
crw------- 1 root vboxusers 10, 62 11月10日 22:54 /dev/vboxdrv


と確かにその通り。

なんとなく udev のルールがおかしいのかと思って

# rpm -ql VirtualBox-1.5.2_25433_fedora7-1 | grep udev
#


としてみるも何も出てこない

ということでググってみた結果、ここを参考にルールを作って、

$ cat /etc/udev/rules.d/60-vboxdrv.rules
KERNEL=="vboxdrv", NAME="vboxdrv", OWNER="root", GROUP="vboxusers", MODE="0660"


これを適用する為に、

# /sbin/modprobe -r vboxdrv
# /sbin/modprobe vboxdrv


としてやったところ無事 VM が起動するようになった。

# 単なるパッケージミスなんだろうか……。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。