So-net無料ブログ作成

とあるバグをフィックスするまでの様子 [Vine Linux]

先日 VineSeed 環境であった、gtranslator がセグメンテーション違反で落ちる不具合が修正されるまでの、irc 上でのやりとりの様子をまとめてみた。

14:53(k) gtranslator が起動しないと irc でコメントする
15:08(k) src.rpm をリビルドした所、ビルド時にも gsettings-desktop-schemas が必要だと分かる
15:09(k) gsettings-desktop-schemas をインストールする事で granslator が落ちなくなる事が分かる
15:20(k) メールでメンテナに Requires と BuildRequires が足りない事を連絡
15:29(k) 起動するも、今度はカラムのヘッダクリックで、セグメンテーション違反で落ちるとコメント
15:38(t) 別の環境でも再現するとレスポンスあり
16:16(t) デバッグビルドを用意してデバッガーで追った結果、落ちる箇所を特定し、ソースの修正で落ちなくなることを確認
16:28(k) 違う環境でも同じ箇所で落ちるのを確認
17:14(t) libgda のソースを読んで、gda-sqlite のインストールで落ちなくなることを特定しコメント
--(翌日)---
06:20(k) gda-sqlite のインストールで落ちなくなることを別環境でも確認
06:50(t, k) 対応を協議して、今回は依存の追加で対応し、patch の追加は見送る事に
07:08(k) 今度は gtranslator の設定が保存され無いことに気づく

…… 以下略。

といった感じ。

個人的にはひさーしぶりに gdb を使って追ったんだけど、(t) さんの確認した内容を少し遅れたタイミングで確認することで、デバッガの使い方を思い出すことができたのがなかなか印象的だった。

# やはり一人じゃなくて誰かと一緒に作業するというのは、
# 新しい気づきとかあって良いもんだと思った。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。